私達は、健康事業を通じてお一人おひとりに合ったオーダーメイドの予防法を提案し、健康寿命の延伸に貢献できる企業をめざしています。

社是  『 親孝行 』

  私は“心”というものを大切にしています。
 私たちのような小さな企業にとって、“信用”というものは何よりも大切なものです。
 その信用は“真心”から生まれてくると思います。
 それも、見返りのない人に感謝すること。例えば自分の両親、夫婦であればご主人や奥さん、
 子供たちなどです。親に感謝できない人がお客様に感謝できるでしょうか?
 親孝行できない人がお客様に誠心誠意尽くすことができるでしょうか?
 そんな想いから、社是を「親孝行」としました。
 それは、私がたくさんの人から受けた思いやりから学んだことでした。

  その一人でもある私の祖母は100歳まで生きました。90歳を過ぎて寝たきりになった時、
 私にこんなことを教えてくれました。
 「詠司さん、私も若い頃は何でこんなに苦労しなければならないのかと思ったけど、
 今全然動けなくなって、身の回りのことを全部人にやってもらわなくちゃ生きていけない…。
 私思ったよ…。人のために何かできるということは、どんなに幸福なことかって。
 それがわかったよ。」

ライフ薬品株式会社代表取締役社長

高山詠司

私は一人でも多くの方に100歳まで元気に生きてほしい。
また、100歳を過ぎてもイキイキと人生を楽しんでほしい。
そんな願いを実現するために、日々邁進していきます。

『 健体康心 』とは

健康とは、『体(肉体)が健やかで心(精神)が康らかなこと』と定義されています。
 つまり、病気に打ち勝つ健康を保つためには、肉体と精神の両面からの
 アプローチが必要なのではないでしょうか。

 現在、日本は世界一の長寿国ですが、人生の最後を要介護や寝たきりで自立した
 生活ができない期間が男性で9年、女性で13年にもなっています。
 『幸せな人生だった』と思っていただくために、寝たきりにならないための
 仕組みづくりに力を尽くしていきます。

 ライフでは、会員の皆様に対し、栄養(食事)・サプリメント・運動の指導を
 検査数値に基づいて個別にセルフメディケイト(自己管理)できるよう、
 管理栄養士と連携してお手伝いさせていただきます。

 また、カーブスフランチャイズ加盟店として、「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」
 の言葉のように、運動を通して体と心を元気にし、明るい家庭づくりのお役立ちに
 貢献していきます。

 そして、今後の高齢化社会を見据え、nagomiのフランチャイズ運営から介護のノウハウを
 学び、出来る限り重症化しないよう介護予防を重視した総合サ―ビスの確立を目指します。

 最後に、自分の存在を見出し、心を康らかに保つために一番大切な
 「一人ひとりが輝ける生きがいづくり」のお手伝いもさせていただきます。